【スプリットの投げ方】マスターして縦変化で三振をバンバン取ろう

カーブやスライダーは投げられるけど縦変化する球種をもっていないので新しい変化球を習得したい。

手が小さくてフォークボールが投げられない。

そう悩んでいる方もいると思います。

今回はスプリットという縦に落ちる変化球の投げ方、有効な使い方をご紹介したいと思います。

スプリットとは?

スプリットフィンガーファストボールと呼ばれ

「split-finger fastball 」の頭文字をとってSFF省略されることが多い、フォークボールと似た握り方で投げる小さく落ちる変化球です。

日本では近年スプリットと呼ばれ「高速フォーク」とも言われています。

 
たらま
メジャーリーグで活躍されている田中将大投手が決め球として投げることで有名なボールになります。

スプリットを投げるメリット

  • ストレートのように真っ直ぐきて打者の手元でストンと落ちるので打者からすると真っ直ぐにしか見えず、手元でスッと落ちるので見極めが非常に難しい球種である。
  • フォークボールに比べて握りが浅いため、手が小さい投手でも投げやすい。
  • 小さく落ちるためダブルプレーなど内野ゴロを打たせたい時に有効的に使える。
  • 追い込んで三振が欲しい場面で三振を狙える。
  • 回転数が少ないので見逃した打者にこういうボールもあると打席で考えさせることが出来る。

スプリットを投げるデメリット

  • フォークボールに比べ握りが浅いものの、挟んで投げるため肘に負担がかかりやすく、投げすぎると故障する可能性が高くなる。特に体が出来上がっていない小中学生は無理に習得する必要はない。
  • 握力を使うので握力が無くなってくると変化しづらくなる。他の球種にも影響が出てくる可能性がある。
  • 低めに投げるボールのためワイルドピッチやパスボールにつながりやすい。ランナーが三塁の時は細心の注意が必要である。
  • 高めに抜けてしまうと変化しないため非常に危険なボールになる。

スプリットの投げ方・握り方

縫い目の外側に人差し指と中指がくるように握ります。

手の小さい私でも挟んで投げることが出来ます。

この握りで投げるだけでもほとんどの方が回転数を抑えたボールを投げることが出来るようになります。

スピードが上がり小さく変化する握りなので落ち幅を大きくしたい方はスピードは落ちますが、このままボールの真ん中を挟むといいでしょう。

手のひら側から見た握りになります。

投げる時は手首のスナップは使いません。

挟んだ指でボールの外側を押し出すイメージでボールを叩きつけるように捕手の膝から下を狙って投げてください。

ワンバウンドしても構いませんので低めに落とせるように練習しましょう。

キャッチャーがワンバウンドしても止めてくれます。

 
たらま

この時腕はしっかりと振ってくださいね。

まとめ

  • ボールの挟み方
  • 手首の使い方
  • 低めへの意識

上記3点を意識しながら握り方や握る位置を少し変えるだけでいろんな変化のスプリットを投げることが出来ます。一番しっくりくる自分のスプリットを見つけてバンバン三振を取っちゃってください!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
>探球道~tankyudo~

探球道~tankyudo~

全てのスポーツファンのために様々な観点から役に立つ情報をお届けし、日本一のスポーツサイトを目指しています。 ご覧頂けたら幸いです。 よろしくお願い致します。